スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープンしてから2年、マニアの間で評判が出るまでにはまだ到っていませんが、優良温泉スーパー銭湯であることには間違いがないでしょうね。いつもよく賑わっている。オープンしたての頃は墨色がかっていて、大変な個性派温泉だったのですが、いまではよくあるような僅かに飴色がかったような重曹泉っぽい色合いをしています。

simokuzawaonsen

目当てはこの丸い、5人でいっぱいの加熱かけ流し浴槽「源泉の湯」。塩素系の薬剤が混入されているようで、プールのような匂いは少々あるものの、気になるレベルではないかな。47度と38度の加熱泉が交互に12L/minほど投入され、湯船で41度。特記成分は何と言っても炭酸イオン。その値42.0mg/kg。ですが、わずかに鉱物臭の感じられるアルカリ性単純温泉は、ヌルヌル感もあるけど、それよりもアルカリ性の温泉のツルツル感が際立つ。直き温泉が肌に馴染んでくるとヌルヌル一歩手前の重曹泉的スベスベ感が強く出てくる、そんな炭酸水素ナトリウムを主成分とする単純温泉です。味覚は微重曹味+微(アル単的)渋甘味+微々金気味。

simokuzawaonsen

露天スペースでのみ温泉は利用されているのですが、先の丸い主浴槽のほか、写真の「壷風呂」や人気の「寝ころび湯」もかけ流し・かけ捨て利用となっており、循環仕様となっているのは大きな岩風呂唯ひとつ。かけ流し浴槽が多い点を指してはじめに「優良温泉」と呼んだのですが、あちらこちらの温泉を知っている目からすれば、正直さほど面白味のある温泉ではない。ないけど、普段ユースにはこのくらいの刺激なく肌当りの柔らかい温泉の方がいいのでしょうね。

simokuzawaonsen

人気の寝ころび湯。どこのどなたの発案なのか知りませんが、よく出来ていまして、一寸傾斜している石造の平面に石枕を枕に仰向けに寝ます。そこに薄く温泉が流れる仕組になっており、背中を伝う温泉が気持いい。

アルカリ性単純温泉
湧出地:相模原市下九沢字上中宮2385-1(同地)
30.0度 pH=9.3 1700m掘削 163L/min 総計=785.6mg/kg
Na=224.1(95.83) Fe(Ⅱ)=0.6/陽計=231.4 F=4.4 Cl=108.2(27.46) HS=0.02 HCO3=332.6(49.08) CO3=42.0 BO2=40.4/陰計=528.8(H.17.3.22.)
久しぶりに行ったら成分分析書のコピーの掲示がなかったので、数値はうつぼさんのレポートからいただきました。

相模原市下九沢2385-1
042-764-2626
9:00-0:00
700円(土日祝900円)
平日の22:00以降は500円
「貸し座敷」は600円/h.但、7/18迄の平日に6人揃うと3h.まで利用無料
5/19から10日間程度「温泉ポンプ交換の為、沸かし湯営業」
Googleマップ

2008年5月13日訪問
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://iiotokoninaruzo.blog118.fc2.com/tb.php/319-773b15fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。